レーザーマーカー装置の設計製作

レーザーマーカーは、レーザー光を集光した高いエネルギーを用いて材質の表面を直接溶かしたり、焼いたり、剥離を発生させることで印字や、穴あけ等を、レーザーで行う装置です。
レーザーマーキングでは、ワークを直接変化させて印字をしているため、インクを使った印字と比べて摩耗に強く、消えることがなく高精細な印字が可能なので、2次元コード印字などトレーサビリティに最適です。
レーザー印字・レーザー加工を安全かつ簡単に行えるように、お客様の状況に応じた装置の製作を行っています。

レーザマーカのメリット

消えない印字が可能
レーザ光でワークを変化させて印字をするので、消えない印字が可能です。 インクやラベルの剥がれたり、消えたりする心配がなくなり、確実なトレーサビリティを行なうことができます。

ランニングコストが削減できる
インクを使用しないレーザマーカは消耗品が必要なく、ランニングコストの削減に貢献します。
インク代だけでなく、発注や管理の工数も削減できるため、合理化のテーマとして採用いただくケースも多くあります。

メンテナンス負荷を軽減
レーザマーカの主な日常メンテナンスはレンズ・フィルタの清掃のみ。
インク方式ような洗浄作業や、打刻方式の磨耗具合の確認や交換作業などはが不要です。

高精細な印字が可能
レーザ光は非常に細い線分で印字することができますので、小文字印字にも適しています。
製品の小型化による印字スペースの確保もしやすくなります。

レーザーマーキング装置に付加できる主な機能

安全のために必須の機能のほか、必要に応じてさまざまな機能を搭載することが可能です。

  • のぞき窓…レーザーから作業者の目を保護するために、のぞき窓にはレーザー用保護フィルタを使用しています。
  • 粉じん排出…レーザー照射により臭いや粉じんが発生する場合には、レーザー用集塵機を組み込みます。
  • 自動焦点検出…印字対象の高さがかわる場合に、レーザーマーカーのヘッド位置を自動調整して焦点をあわせます。
  • 移動体同期印字…コンベアスピードに同期して、印字対象の動きを止めずに印字します。
  • サンプル印字…連続印字をする装置に、小ロットやサンプルを印字するための機構を付加できます。
  • 円周面印字…印字対象を回転させながら印字することで、円筒型の対象の周囲に印字をすることができます。
  • 印字品質チェック…印字後に、画像処理装置で印字品質の確認を行うことができます。

レーザマーカ装置件名実績

  • バーコード読取印字制御(panasonic製:PLC制御)(PC制御)
  • NWカメラ連動印字システム(AXIS製:NWカメラ使用)
  • 二次元コード基板印字装置(三菱電機製:PLC制御、ヴィジョンセンサ)
  • 金属銘板用印字システム(Panasonic製:PLC制御)
  • 樹脂ケース用印字システム(OMRON製:PLC制御)
  • ICチップ印字装置(三菱電機製:PLC制御)
  • 工具用回転印字装置(Panasonic製:PLC制御)
  • カメラ用レンズ回転印字システム(Panasonic製:PLC制御)
  • フィルムカットレーザ加工装置(三菱電機製:PLC制御)
  • レーザラベル印字装置(Panasonic製:PLC制御)

レーザ溶接機

樹脂の接合とは

樹脂(プラスチック)を接合するには、レーザー溶着や接着剤、超音波溶着、熱板溶着など、さまざまな方法があります。

レーザー溶着のメリット

  • 振動による内部部品へのダメージがゼロ(光学系商品など搭載品に有効)
  • 装置のランニングコストが安い
  • 局所加熱な為、製品への熱ダメージが少ない
  • 型が不要
  • バリ/粉塵が出にくい
  • 狭い接合幅でも気密性が得やすい